将棋 長岡将棋フェスティバル

長岡将棋フェスティバル

平成25年11月2・3日に、アオーレ長岡で、長岡将棋フェスティバルを開催いたしました。

小中学校対抗将棋団体戦

平成25年11月2日(土)には、小中学生を対象とした、団体戦の大会を行いました。
1チーム3名の団体戦で、参加数は12チーム。


小学校の部
優  勝 亀田小学校
準優勝 春日小学校
第三位 早通南小学校

 

中学校の部
優  勝 附属長岡中学校A
準優勝 附属長岡中学校B
第三位 附属長岡中学校C

 

 

みんな、生き生きとした表情で将棋を指していますね。
ある親御さんが、「うちの子がこんなに考えているなんて…」と、驚かれていました。
教育効果の高さが注目されている将棋。
子どもたちには、ぜひ将棋を続けてほしいと願っています。

 

 

目隠し将棋

平成25年11月3日(日)は、プロ棋士をお招きして、目隠し将棋を披露していただきました。

 

・対局者
横山泰明 六段 対 アマ代表 平澤絋二
手合い 飛車落ち

 

・大盤解説
解説者 近藤正和 六段
聞き手 渡辺弥生 女流初段

 

 

アマ代表の平澤君は、高校3年生。
定跡をしっかり勉強しており、本番前に話を聞くと、「四間飛車・美濃囲いでいきます!」と、自信たっぷりに宣言。
実戦も宣言通りに進み、優位に立ちます。
かなりのところまで追いつめましたが、やはりプロの壁は厚く、惜しくも敗れてしまいました。

 

親子将棋教室

11月3日(日)に、親子将棋教室も開催しました。

 

講師は、近藤正和 六段。

 

 

和やかなムードで行われた親子将棋教室。
軽妙のトークの中にも、上級者をもうならせる論理的な解説に、参加者はじっと聴き入っていました。

 

第3期女流王座戦第2局

11月3日(日)に東京で行われていた第3期女流王座戦第2局の大盤解説会を、アオーレ長岡で行いました。

 

解説 横山泰明 六段 ・ 近藤正和六段
聞き手 渡辺弥生 女流初段

 

 

前半と後半に分けて、両先生に解説していただきました。
特に後半の近藤六段の話術が巧みで、見ている皆さん、とても笑顔にあふれていました。
将棋は、162手で里見香奈女流三冠の勝ちとなりました。

 

  
 
トップページ センターのご案内 センター内リーグ戦・大会 センターからのお知らせ